本文へスキップ

ホームページがあるとこんなに変わる

TEL. 050-5885-9868

お気軽にお問合せください

ホームページがあるとこんなメリットがBENEFIT

●新規顧客獲得に貢献します
●攻めの営業活動が可能になります
●効果的な最後の一押しができます
●機会ロス減少が期待できます



具体例をお示ししながらご説明いたします



 どんな業種であっても、もっとも頭を悩ませ力を注いでいらっしゃるのは新規のお客様をどうやって獲得するかという点ではないでしょうか。ホームページを導入することで、まずこの新規開拓に新しい道が拓けます。

 総務省統計局の6歳以上を対象とした調査によると、平成24年末現在でインターネット人口普及率は80%にもなっています。この80%全ての人がお店選び・会社選びの際に常にホームページの存在を重視するというわけではありません。
 しかしながら、ホームページを持っていれば「重視する人」「重視しない人」両方の方の選択肢に入れてもらう事ができますが、持っていない時点で「ホームページの有る無しを重視する人」をお客様にする事を諦めざるを得なくなってしまいます




 小学生からご高齢の方まで世代を問わず急速に普及しているインターネットが今後更に重要度を増していく事は必至であり、ホームページがあるか無いかで生じる差もますます大きなものになっていく事も間違い無いと言えます。





 例えば折り込みチラシの場合、セールよりも随分前に発注しておかないと間に合いません。フリーペーパーや雑誌にお店の広告を掲載する場合でも、印刷物であるということで同じような制約があります。
 紙媒体広告は比較的高額な費用がかかるためそう頻繁にお願いできるものでもありませんし、数日から数週間といった制作期間が必要で、思い立ったことをすぐ発信する事は難しいものでした。しかし長い間それが最善の方法だった事も事実です。

 これがインターネットを活用すると、例えば「急に天気が悪くなってきて客足が落ちそう…お得意様に急遽タイムセールのお知らせをしよう」「明日は予約があまり入っていないから宣伝してみよう」「ライバル店が●●円で売り出してるみたいだから明日から対抗しよう!」といったような、より機動的な活動も可能となるのです。



 制作時に大きな費用が発生する印刷物とは異なり、ホームページやメールを活用したものであれば比較的小さな投資で効率的に、しかも利用するツールによっては即時に伝えたい相手に情報を届けることさえ可能となります。これはお客様にとっても、皆様にとっても大きなメリットになるはずです。





 ガソリンスタンドで店頭に「大特価!」と書いてあるだけのお店と価格をしっかり表示しているお店が並んでいた時、皆さんはどちらに入りたくなるでしょうか。どちらを「入りにくいな」と感じるでしょうか。
 ガソリンスタンドに限らず、高級そうな外観りで外にメニューが出ていないレストラン、価格表示が「時価」のお寿司屋さん、どんなものがどれくらいの予算で楽しめるのかがよくわからないお店は入りにくいなと感じてしまうものです。

 どんなもの(サービス)を、どんな人が、どんな考え方で、どれくらいの価格で提供しているお店なのか?これらを知っていただくための情報を発信する事で、少なくともホームページを見てくれたお客様の不安を取り除き、どうしようか迷っていたまだ見ぬお客様の背中を「大丈夫ですよ!」と、そっと押すことができます。



 また、ちょっとした不安や行き違いからお客様が離れて行ってしまうのを防ぐことも期待できます。年に一回行くか行かないか程度のお店の場合、色々なことを忘れてしまっていて心配になることがありませんでしょうか。「駐車場ってどこだったっけ?」「定休日・営業時間ってどうだったっけ?」「最後に行ってから随分経つけど場所変わってないよね…」などなど。

 実際、久しぶりに行ったらいつの間にか閉店して別の店になっていたとか、道が新しくなっていたため迷ってしまって結局別のお店に行ったとか。このようにお客様の立場で期待を裏切られた経験した事のない方はいらっしゃらないと思います。

 そんな経験が一度でもある人は、同じような失敗をしたくないという思いから行動する前にインターネットで最新情報を確認する習慣ができています。その際、公式ホームページがあって情報が豊富なところとホームページが無くほとんど情報が無いところとがあったら、よくわかるほうへ行ってみようと思うのが人情です。





 お店の側からすると「いくらでも説明するから電話して聞いてくれればいいのに!」と愚痴りたくなるかもしれません。しかし逆にお客様は「ホームページくらい作っておいてくれればいいのに…」と不満を感じてしまっているのです。今やホームページを持つことは特別なことでは無くなり、それくらい普通に期待されてしまう事になってしまっています。





 お客様をもっと呼びたい!という思いがある一方で、ホームページを公開してしまうとお客様が殺到したり、対応できないほど問い合わせが増えたり、今まで通りの人数ではとても対応できなくなるのではないかといった不安の声を頂く事もあります。


 日本をはじめ世界のどこからでも情報を見てもらえるという、それまで経験したことのない変化がおこるわけですので、そのように不安に思われるお気持ちもよく分かります。ですが実際は全く逆のケースが多く、今まで以上に本業の運営がスムーズになる事の方が多いです。


 分かりやすい例では、営業時間や定休日や地図などをしっかりと載せておくことで「今日やってる?」「どうやって行けばいいの?」「何時まで大丈夫だったっけ?」といった細かな問い合わせを減らす効果が期待できます。お客様の方が知りたい情報を勝手に調べてくれるようになるためです。





 また、今まではお客様の気分次第で、忙しい時間帯がある一方で極端に来店が少ない時間帯や曜日もある状態だったものを「明日は比較的空いています」といった鮮度の高い情報を積極的に発信することで、日によって差のあった来客数を平均化してロスを減少させることも期待できるようになる。そんなことさえ可能なのです。



バナースペース

NEGI web works

新潟県の格安ホームページ制作
・お気軽にお問合せください

TEL 050-5885-9868